中型CNC旋盤を導入しました!!

平成24年3月 中型CNC旋盤を新規導入しました。
導入した機種は、中型CNC旋盤 NL3000/1250で、最大振りφ995o×(加工径φ430o)×長さ1260oの能力を持ち、同品種・複雑形状・多工数の作業効率に優れています。

新規工作機械導入で、さらなる生産性向上を図り、お客様に満足していただける製品を作って参ります!!
このページのTOPへ  

   新規に精密旋盤を導入!

平成23年4月 汎用精密旋盤TAC-650×2000を導入しました。これにより通常加工およびネジ切り加工まで1台できるようになりました。

また、平成21年7月に導入したTAC-950同様、NC制御が付いているので、CAD・CAMとの連動により複雑で、高精度が求められる加工も可能となりました。
このページのTOPへ  
20090930
    大型旋盤を導入!

 平成21年7月 大型汎用精密旋盤 TAC-950を導入しました。これにより大径・長尺物(φ1100mm×3000mm)の加工ができるようになりました。また、NC制御が付いているので、CAD・CAMとの連動により複雑で、高精度が求められる加工も可能となりました。
このページのTOPへ  
    

  5軸加工機を導入!


 平成26年9月に、5軸加工機を導入しました。(NMV5000DCG)

今後は3次元CAD/CAMと連携させ、加工工数を低減し、さらなる生産性向上を目指します!

また、当社が持つ技能と融合させ、新しい事業へも挑戦して参ります!!
このページのTOPへ  

     円筒研削盤を更新!

平成23年12月 円筒研削盤を更新しました。
更新した機種は、CNC円筒研削盤 GE4P-100Uで、加工範囲はφ320×センター1000oです。CNC搭載で、加工数量の多いものに威力を発揮します。

この機械更新によりさらなる生産性向上を図り、お客様に満足していただける製品を作って参ります。
このページのTOPへ  
20090930

USM35X

  超音波探傷試験機を更新!

平成22年8月 超音波探傷試験機を更新しました。

試験機は、GEインスペクション・テクノロジーズ・ジャパン USM35Xで、この更新により当社製品の品質管理をさらに徹底・強化し、生産性の向上を目指します。
このページのTOPへ  
TOPICS
スペロ機械工業 第二工場竣工!!

平成28年11月1日 第二工場が竣工しました。

生産性向上、企業価値向上および職場環境改善を目的とし、平成28年6月より工事を開始した第二工場が竣工しました。
工作機械をより最適配置としたレイアウトでリードタイムを短縮し、既存工場(第一工場)と共に、操業して参ります!!
  
   
   
このページのTOPへ  
     

      防火訓練を実施   

平成27年11月防火訓練を実施しました。 全社員に初期消火の重要性を講話し、本年も社員4名による消火実習を行いました。

防火意識を高め、普段より一層の防火に努めて参ります。
                         消防隊一同
 
このページのTOPへ  


   ワイヤー放電加工機を更新!!

平成28年1月 ワイヤー放電加工機更新しました。
導入した機種はFA40VMで、X1000o×Y800mm×Z400mmの仕様で、従前の加工機より加工時間が大幅に削減されました。

新規工作機械導入で、さらなる生産性向上を図り、お客様に満足していただける製品を作って参ります!!
このページのTOPへ  


  大型CNC旋盤を導入!

平成27年10月 大型CNC旋盤 LB45Vを新規に導入しました。(参考写真)
主仕様で最大振りφ900o×(加工径φ660o)×長さ2000oの能力を持ち、複雑形状・多工数の作業効率に優れています。

従来、汎用旋盤で行っていた工程の時間短縮と、それに伴う外注加工の減少により、大幅な生産性向上が見込めます。
このページのTOPへ  


   2次元CAD/CAMを更新しました

平成27年11月 導入していた2次元CAD/CAM MastercamをX9へバージョンアップし更新としました。

平成27年10月にに導入した、大型CNC旋盤 LB45Vでのプログラム作成時間をさらに短縮し、生産性が一段と向上しました。

従来製品はもちろん、新規案件についても今後ともさらに取り組んで参ります。

このページのTOPへ  
 
        平成27年度 新入社員

平成27年4月1日、4名の新入社員を迎え入社式が執り行われました。

入社式では、社長より訓話を行い、その後、緊張した面持ちの新入社員が各々自己紹介を行いました。新入社員は、これから約3ヶ月間の社員教育を経てそれぞれの職場にて活躍してもらいます。

当社では技術継承が一つの経営課題と認識しています。
古参社員が築き上げてきた蓄積技術と、彼らを含む若い人が持つ知識と吸収エネルギーとの融合で、新たなスペロ機械工業を創造してもらいたいと希望しています。
                     
             平成27年4月吉日 取締役一同

 4名の新入社員と取締役
このページのTOPへ  

スペロ機械工業HOME > トピックス

TOP


    耐圧試験室を更新!

平成30年2月 耐圧試験室を更新しました。
また耐圧試験装置を新規導入しました。

能 力:油圧×1,000Mpa
メーカー:Uhde High Pressure Technologies

上記の超高圧ポンプの導入により、自緊処理の対応も可能となることから、さらなる商圏の拡大を目指します。

※導入機種名
 Uhde Model HP11-30 HP-2-plunger type Autofrettage
 pump with oil-hydraulic drive and constant speed moter
このページのTOPへ  

   長尺円筒研削盤を導入!!

平成29年11月 長尺円筒研削盤 OCD-45300を導入しました。(参考写真)
能力は、砥石寸法:φ610×75、主軸台振り:φ450、芯間距離:3,000oとなっています。
新規導入で、従来よりもより長尺の研磨を行うことが可能となり、より付加価値が高く、また商圏の拡大が見込めます。

※H28年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金の確定案件および平成28年度 経営力向上計画の認定案件です。
このページのTOPへ  

第8回QCサークル活動発表会を開催しました。

 平成29年4月22日 QCサークルの活動発表会を開催しました。
  昨年6月より11ヶ月にわたり、社員が6組のサークルに別れ、オブザーバーの管理職と共に活動を行ってきました。
生産性向上のため、今後も活動を継続して参ります。
   
このページのTOPへ  


    精密ホーニング盤を更新!

平成28年12月 精密ホーニング盤を更新しました。

導入機種は 7S-HEM-N-ENCで(参考写真)、作業範囲は、内径φ18〜110o、長さ700oとなっています。

従来の機種で行っていた工程の時間短縮と、それに伴う外注加工の減少により、大幅な生産性向上が見込めます。

※平成28年度 経営力向上計画の認定案件です。
このページのTOPへ  

   長尺精密CNC旋盤を導入!!

平成28年11月 長尺CNC旋盤 DLX75×500を導入しました。(参考写真)
能力は、加工径φ750o、加工長5,000o、(径φ100o以下では長さ10,000o)となっています。
新規導入で、従来よりもより長尺の加工を行うことが可能となり、より付加価値が高く、また商圏の拡大が見込めます。

※H27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金の確定案件および平成28年度 経営力向上計画の認定案件です。
このページのTOPへ  


      3次元CAD/CAMを導入!

平成27年4月、あらたに3次元CAD/CAMシステムを導入しました。

平成26年9月に導入した5軸加工機の運用にあたり、対話式プログラムでは不可能であった複雑な加工形状の描画や、加工動作の制限などの問題を解決しました。

5軸割出加工も可能となったことで、5軸加工機の生産性が向上しました。
このページのTOPへ